国際高等研究所

CANPAN 更新日:2018-04-19New

認証状況
 きょうえん認証取得2018-03-30
情報開示レベル ★★★★★
団体の目的

この法人は、人類が直面している諸課題に対処するため、産・学・官の協力のもと、これら諸課題の予見と解決策を見出すための学術研究を進めるとともに、新たな知見の獲得に向けた学術的探究に取り組み、研究萌芽の発掘と新たな学問領域の開拓を行い、もって学術研究文化の発展に寄与することを目的とする。

活動概要

研究活動
2015年3月の国際高等研究所戦略会議(ISC)第1期提言で「高等研として取り組むべきこと」をふまえ「将来の地球社会を考えた時の科学技術の在り方」「循環型、定常経済社会の構築の必要性とその方策」「多様な価値観を持つ社会や国家の平和的共存のための方策」の3つの課題、および、けいはんな学研都市の30年後の未来を見据え、けいはんなの特長を生かしながら都市全体を成熟させていくための青写真をデザインすることを目的とした「けいはんな未来」懇談会の、合計4テーマについて、理事会、評議員会の審議を経て、基幹プログラムに選定しました。研究プロジェクトは、基幹プログラムと両輪となって、相補的充実を図る中で独自性を発揮する事業と位置付けるものであり、学問分野を越境し、社会的課題や人類と地球の未来への視点を有するプロジェクトも手掛けています。
交流・広報活動
「社会とのつながり」をキーワードに、高等研の研究活動を基軸とする研究成果や知的資源などを積極的に社会に発信・還元し、それらが社会で活用されるような事業、そして社会的な要請やニーズに対して適切に対応できる事業を企画・運営する活動を展開しています。これらの活動を通して、産・官・公・民のネットワーク構築を図り、高等研がけいはんな学研都市における政策立案や、共同プロジェクトの推進などに貢献することで、けいはんな学研都市の中核機関として知的ハブ機能の役割を果たしています。具体的には、けいはんな学研都市に立地あるいは関連する機関の方々とけいはんなにお住いの皆様を広く対象とする、芸術、文化、哲学を味わい、語り合うための「けいはんな哲学カフェ“ゲーテの会”」、次世代の若者の育成を企図した全人的人間形成のための「IIAS塾ジュニアセミナー」、けいはんな学研都市におけるオープンイノベーションを促進し、サイエンスシティの核となる科学技術シーズの確立を目指す「けいはんな“エジソンの会”」など、さまざまな活動を通して社会とのコミュニケーションを深めています。

現在特に力を入れていること

研究活動 
 基幹プログラム 
   ( 2015年4月から三年間実施した基幹プログラムは以下の通りです。 
    これらを踏まえ、新たな基幹プログラムの設定に向け、現在準備を進めています。) 
  *将来の地球社会を考えた時の科学技術の在り方    研究代表者:有本 建男 国際高等研究所副所長   *循環型、定常経済社会の構築の必要性とその方策 
   研究代表者:佐和 隆光 国際高等研究所研究参与 
  *多様な価値観を持つ社会や国家の平和的共存のための方策 
   研究代表者:位田 隆一 国際高等研究所副所長   *「けいはんな未来」懇談会   
   研究代表者:松本 紘 国際高等研究所副所長  研究プロジェクト 
  *日本文化創出を考える研究会 
   研究代表者:西本 清一 京都高度技術研究所理事長、京都市産業技術研究所理事長、 
               京都大学名誉教授 
交流・広報活動 
  *IIAS塾ジュニアセミナー  本セミナーでは思想文学、政治経済、科学技術の各分野について著名な講師による講演の後、参加者は論点整理を行い、チューター(大学院生)の先導のもとグループ討論を繰り返します。講義による知識の獲得に焦点を当てるのではなく、その講義を題材として正解のない課題についてグループ討議を行うことで、多様な考え方をする他者の意見を受け入れ、自分の考えをまとめる経験を通じて、新たな視点や幅広い視野を獲得する場となることを目指しています。 
 対象は、18才前後の高校生及び大学生とし、20名程度の受講生を公募します。セミナーは高等研の施設で行われ、敷地内の住宅を宿舎として使う2泊3日の合宿型で運営します。 
  *けいはんな哲学カフェ「ゲーテの会」 
  *けいはんな「エジソンの会」

主な活動実績

国際高等研究所は基本理念に賛同する産業界と学界、官界を挙げての強力な支援のもと、1984年8月
に財団法人として設立されました。1993年10月には、京都府から土地の提供を受け、けいはんな学研都市(関西文化学術研究都市)に研究所を開所しました。
2013年3月に内閣府より公益財団法人移行認定書の交付を受け、同年4月1日付にて公益財団法人へ 移行しました。

代表者略歴

理事長   立石 義雄   1963年立石電機株式会社(現オムロン株式会社)入社、
              1987年同社代表取締役社長、2003年同社代表取締役会長、
              2004年財団法人国際高等研究所理事長、
              2007年京都商工会議所会頭、2011年オムロン株式会社名誉会長
所長、副所長、学術参与
所長    松本  紘   理化学研究所理事長、京都大学名誉教授、京都大学第25代総長
副所長   有本 建男   政策研究大学院大学教授、
              科学技術振興機構研究開発戦略センター上席フェロー 副所長   佐和 隆光   滋賀大学特別招聘教授、京都大学名誉教授
副所長   高見  茂   京都大学学際融合教育研究推進センター特任教授
              京都光華女子大学特別招聘教授・副学長 学術参与  長尾  真   京都大学名誉教授、京都大学第23代総長

今後の方向性・ビジョン

来るべき2018年度は、新たな基幹プログラムを始動し円滑に立ち上げ運営していくこと、国際会議を定常的に開催し、定着させ、国際的な認知度を向上していくこと、高等研から社会への問いかけを強化していくために新たな発信を拡大していくこと、高等研の未来に向けた仕込みを実行していくこと、持続的な法人運営のための基盤を構築することなどを目標とした事業計画を策定し、着実な実行に繋いでいきたく考えます。

活動カテゴリー 教育・学習支援地域・まちづくり文化・芸術の振興国際交流ITの推進学術研究(文学、哲学、教育学、心理学、社会学、史学)学術研究(法律学、政治学)学術研究(経済学、商学、経営学)学術研究(理学)学術研究(工学)学術研究(農学)学術研究(医学、歯学、薬学)学術研究(複合領域分野、その他) 
団体名 国際高等研究所
代表者 立石 義雄
所在地
京都府 木津川市 木津川台9-3
マップ
京都府 木津川市 木津川台9-3
電話番号 0774-73-4000
FAX 番号 0774-73-4005
メールアドレス www_admin@iias.or.jp
公開情報

※ このページの情報は、CANPAN に登録されている団体情報を元に抜粋構成しています。
より詳しい情報をお知りになりたい場合には、CANPAN の団体情報ページをご覧ください。

※ CANPAN が提供する API を通じて 1 日 3 回( 12:00、18:00 および 0:00 )情報を取得し更新しています。そのため CANPAN にて行った追加や編集の反映は更新時刻を過ぎてからとなります。ご留意ください。