祇園祭ごみゼロ大作戦

CANPAN 更新日:2018-05-21

認証状況
 きょうえん認証取得2018-04-06
情報開示レベル ★★★★
団体の目的

この法人は、市民・事業者・行政のパートナーシップにより、祇園祭におけるごみ減量・リユースと廃棄物の資源化・適正処理を促進し、もって持続可能な循環型社会にふさわしい祭づくりの一助となることを目的とする。

活動概要

この法人は、上記の目的を達成するために次の事業を行います。
1. 廃棄物の資源化・適正処理を促進するための分別回収拠点の設置 2. ごみ減量・リユースを促進するための仕組みを導入 3. ごみ減量・リユース・散乱防止・適正処理についての意見交換 4. ごみ減量・リユース・散乱防止・適正処理についての啓発 5. ごみ減量・リユース・散乱防止・適正処理推進に向けた人材育成、研修 6. その他この法人の目的を達成するために必要な事業

現在特に力を入れていること

当法人は、民間事業者やNPO等が中心になって活動しています。私たちは、祗園祭におけるリユース食器の活用という世界初の取組を、民と民の連携による市民の力で実現したいと考えています。 
 
お祭りという多くの市民が参加する場で、なぜリユース食器を使っているのかを少し考えてもらうことで、日常の生活のあり方や工夫に想いをめぐらせるきっかけになればと思います。2000人以上のボランティアで実現されるこの取組は、世界に誇る京都の市民による取組です。多くの皆様のご協力とご支援をよろしくお願いいたします。

主な活動実績

祇園祭宵々山・宵山のごみの量は、取組開始前と比べ減量を達成しています。
天候や来場者、各店舗の販売状況等によりごみの量については毎年変化しているのが現状です。
エコステーションを各所に配置したことや、ボランティアスタッフのみなさんによる声かけ等により、散乱ごみも大幅に減少しています。
一定の成果を残すことができた4年間ですが、まだ解決すべき課題は多くあります。
5年目以降、さらに活動を発展させていき、ごみゼロを目標に取組をすすめていきます。

今後の方向性・ビジョン

まだまだ課題は山積み。ごみをゼロに近づける本取組をさらに発展させていくため、日夜検討を進めています。

活動カテゴリー 地域・まちづくり環境・エコロジー 
団体名 祇園祭ごみゼロ大作戦
代表者 太田 航平
所在地
京都府 京都市中京区 壬生梛ノ宮町9番地13
マップ
京都府 京都市中京区 壬生梛ノ宮町9番地13
電話番号 075-205-5297
FAX 番号 075-205-1434
メールアドレス info@gion-gomizero.jp
公開情報

※ このページの情報は、CANPAN に登録されている団体情報を元に抜粋構成しています。
より詳しい情報をお知りになりたい場合には、CANPAN の団体情報ページをご覧ください。

※ CANPAN が提供する API を通じて 1 日 3 回( 12:00、18:00 および 0:00 )情報を取得し更新しています。そのため CANPAN にて行った追加や編集の反映は更新時刻を過ぎてからとなります。ご留意ください。